記事の詳細

BIPは、コーポレートガバナンスと社外取締役・社外監査役の役割の研究と推進支援をしています。その為、特定非営利活動法人 日本コーポレート・ガバナンス・ネットワーク(旧全国社外取締役ネットワーク)に加入しています。

会員以外の方にも公開の講演会が開催されますので、ご案内申し上げます。お申し込みは、主催の日本コーポレート・ガバナンス・ネットワークホームーページよりお願い致します。

 ■□■CGネットセミナー■□■

『内部監査部門の現状と課題
 ~社長と監査役会等へのDual reporting lineの導入』

【講 師】
別府 正之助 氏
(伊藤忠商事 理事(元常勤監査役)、
 USCPA(米国公認会計士)、CIA(公認内部監査人)、
 CRMA(公認リスク管理監査人))

【日 時】 2019年10月8日(火)10:00~11:30

【場 所】  日本コーポレート・ガバナンス・ネットワーク会議室
     (港区浜松町2-4-1 世界貿易センタービル12階)

【概 要】
日本企業の内部監査部門は独自の進化を遂げてきたため、その水準は会社ご
とに大きく異なっている。
内部監査の世界標準は、監査役会等(監査役会、監査等委員会、監査委員会)
が内部監査の重要事項である年間監査計画の策定や内部監査部門長の異動な
どに関与する仕組みとなっている。昨今、金融庁や経済産業省の文書で、
内部監査部門のDual reporting line(社長と監査役会等への2系統の報告経
路)が取り上げられており、守りのガバナンスとしての内部監査部門の実効性
向上に注目が集まっているとも言えよう。reporting lineとは、単に監査結果
の報告を受ける関係ではなく、直属する、指揮・命令・指示を仰ぐ関係である。
監査役会等およびその他の社外取締役には、コーポレート・ガバナンスの一翼
を担う内部監査部門の活動を積極的に指揮・指導・支援・激励して、その高度
化を促すことが求められている。本セミナーでは、多くの企業の内部監査部門
に対する助言を行ってきた立場から、日本企業の現状と課題を、社長と監査役
会等へのDual reporting lineの導入という観点から解説したい。(講師より)

■セミナー参加費(いずれも税込)

 正会員および賛助会員:無料
 準会員: 2,000円
 非会員:10,000円

■講師紹介(敬称略)

◎別府 正之助(べっぷ・しょうのすけ)
 伊藤忠商事 理事(元常勤監査役)
 USCPA(米国公認会計士)、CIA(公認内部監査人)、
 CRMA(公認リスク管理監査人)

伊藤忠商事(株)入社後、海外勤務14年、業務部長代行(経営企画担当)、
監査部長を経て2000年に常勤監査役。
2004年、日本道路公団参与・業務改革本部長、中日本高速道路(株)コーポレ
ート部門担当常務取締役、常勤監査役。
現在、伊藤忠商事(株)理事、ぺんてる(株)およびメビオール(株)監査役、
Tokyo International School 監事。
USCPA(米国公認会計士)、CIA(公認内部監査人)、CRMA(公認リスク管理監査
人)

■お申し込み

参加をご希望の方は、日本コーポレート・ガバナンス・ネットワークホームーページよりお申し込み下さい。

サービスのご案内

無料相談会

お問い合わせ

コラム「ミニ講座」

特集コラム

BIエッセイ

採用情報

無料メルマガ

無料メルマガ
BIPニュース
配信中!

BIPからのお知らせ、ビジネスに役立つ情報、佐々木昭美のBIエッセイ要約等、月2回配信!

メールアドレス:

東北復興支援

ページ上部へ戻る
Top