記事の詳細

BIPは、コーポレートガバナンスと社外取締役・社外監査役の役割の研究と推進支援をしています。その為、特定非営利活動法人 日本コーポレート・ガバナンス・ネットワーク(旧全国社外取締役ネットワーク)に加入しています。

会員以外の方にも公開の講演会が開催されますので、ご案内申し上げます。お申込は、主催の日本コーポレート・ガバナンス・ネットワークホームーページよりお願い致します。

 ■□■CGネットセミナー■□■

『平成28年 スチュワードシップ活動報告』

【講 師】
 小森 博司 氏
(GPIF 市場運用部次長兼スチュワードシップ推進課長)

【日 時】2017年7月14日(金) 10:00~11:30

【場 所】WTCコンファレンスセンター Room A
     (浜松町2丁目4番1号 世界貿易センタービル3階)

【概 要】

年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は、2014年5月に日本版
スチュワードシップ・コード、2015年9月に国連責任投資原則(PRI)に
署名しました。直近では、6月2日(金)に「スチュワードシップ活動原則」
および「議決権行使原則」を公表しましたが、法令に基づく制約の中で現在
に至るまでの取組みをベースにGPIFのスチュワードシップ責任とESG
についての考え方を説明いたします。(講師より)

 

■セミナー参加費(いずれも税込)

 正会員および賛助会員:無料
 準会員: 2,000円
 非会員:10,000円

■講師紹介(敬称略)

◎小森 博司(こもり・ひろし)
 GPIF 市場運用部次長兼スチュワードシップ推進課長

1979年 4月 株式会社埼玉銀行(現りそなホールディングス)入行
1986年 3月 国際大学大学院修士課程修了(国際関係学専攻)
1990年12月 住友信託銀行株式会社(現三井住友信託銀行) 入社
2015年12月 GPIF採用

住友信託銀行証券代行部門において、証券代行機関として初のIRグループを
立上げ、国内初の海外機関投資家および国内機関投資家向け議案・IR情報発
信サイトを運営。また、証券代行受託会社向けサービスとして、国内・海外
主要機関投資家関連コーポレート・ガバナンス、議決権行使動向の情報提供、
国内および海外実質株主判明調査、ESG(環境、社会、コーポレート・ガ
バナンス)に関する国内および海外機関投資家の動向に関する情報提供等に
従事。

全米機関投資家協議会(CII)および国際コーポレートガバナンス・ネット
ワーク(ICGN)の日本関連窓口を担当。金融庁「我が国金融・資本市場の国
際化に関するスタディグループ」参考人(2009年5月)、同「企業財務
研究会」講演(2011年7月)、東京証券取引所・経団連共催「企業経営
層を対象とした研修プログラムシリーズ」講演(2012年~2014年)、
Global Reporting Initiative(GRI)および
Japan Society of Northern California等講演。

■お申し込み

参加をご希望の方は、日本コーポレート・ガバナンス・ネットワークホームーページよりお申込下さい。

サービスのご案内

お問い合わせ

コラム「ミニ講座」

BIエッセイ

採用情報

無料メルマガ

無料メルマガ
BIPニュース
配信中!

BIPからのお知らせ、ビジネスに役立つ情報、佐々木昭美のBIエッセイ要約等、月2回配信!

メールアドレス:

東北復興支援

ページ上部へ戻る
Top