記事の詳細

BIPは、コーポレートガバナンスと社外取締役・社外監査役の役割の研究と推進支援をしています。その為、特定非営利活動法人 日本コーポレート・ガバナンス・ネットワーク(旧全国社外取締役ネットワーク)に加入しています。

会員以外の方にも公開の講演会が開催されますので、ご案内申し上げます。お申込は、主催の日本コーポレート・ガバナンス・ネットワークホームーページよりお願い致します。

 ■□■CGネットセミナー■□■

『議決権行使結果の個別開示分析-浮き彫りとなった企業・市場の課題-』

【講 師】
 円谷 昭一 氏
(一橋大学大学院商学研究科准教授)

【日 時】 2018年3月15日(木) 10:00~11:30

【場 所】 日本コーポレート・ガバナンス・ネットワーク会議室
     (港区浜松町2-4-1 世界貿易センタービル12階)

【概 要】
2017年の株主総会から機関投資家の議決権行使結果の個別開示が始まってい
る。個別開示によって行使結果のみならず、機関投資家のポートフォリオも
明らかとなる。これらの開示情報を収集・分析した結果、コーポレートガバ
ナンスという視点で企業・投資家の双方の課題が浮き彫りとなってきた。た
とえば、機関投資家がどれほど反対票を投じても、政策保有株式が多い企業
の取締役選任議案では反対率がそれほど高くはならないといったような、こ
れまで経験的に語られてきたことをデータで示すことができるようになった。
これらの分析結果を紹介する。なお、結果の一部は「資本市場」2017年12月
号・2018年2月号に掲載している(円谷のホームページから入手可能)。
(講師より)

■セミナー参加費(いずれも税込)

 正会員および賛助会員:無料
 準会員: 2,000円
 非会員:10,000円

■講師紹介(敬称略)

◎円谷 昭一(つむらや・しょういち)
 一橋大学大学院商学研究科准教授

2001年、一橋大学商学部卒業。2006年、一橋大学大学院商学研究科博士後期
課程修了、博士(商学)。埼玉大学経済学部専任講師、准教授を経て、2011
年より現職。2007年より日本IR協議会客員研究員。日本IR学会理事。2010年
日本証券経済研究所「上場会社における業績予想開示の在り方に関する研究
会」幹事、2013年経済産業省「持続的成長への競争力とインセンティブ-企
業と投資家の望ましい関係構築を考える-」(伊藤レポート)委員、2013年
経済産業省「企業会計とディスクロージャーの合理化に向けた調査研究」委
員。2017年りそな銀行「責任投資検証会議」メンバー。

■お申し込み

参加をご希望の方は、日本コーポレート・ガバナンス・ネットワークホームーページよりお申込下さい。

サービスのご案内

無料相談会

お問い合わせ

コラム「ミニ講座」

特集コラム

BIエッセイ

採用情報

無料メルマガ

無料メルマガ
BIPニュース
配信中!

BIPからのお知らせ、ビジネスに役立つ情報、佐々木昭美のBIエッセイ要約等、月2回配信!

メールアドレス:

東北復興支援

ページ上部へ戻る
Top